フォントメタデータは、それを特徴付ける一連のプロパティです。これらは、フォントファイルのメタデータ (拡張子、ファイル形式、MIMETYPE) とフォントメタデータ自体で構成されています。それらのいくつかは、フォント名、フォントファミリ名、ライセンス、製造元とデザイナーの名前などです。ここのアプリでは、フォントのメタデータを表示したり、オンラインで編集したりできます。

編集できるプロパティは次のとおりです:

• フォント名

• フォントファミリ名

• ポストスクリプト名

• デザイナー名

• URLデザイナー

• ライセンス説明

• ライセンス情報URL

• 著作権通知

• 説明

• 製造元名

• URLベンダー

• サンプルテキスト

• バージョン

これらのプロパティは簡単に編集できます。このためにソフトウェアをダウンロードする必要はなく、アプリは最新のブラウザから動作します。

ドキュメンテーションの章で、プログラムでフォントを管理するための他の機能を確認してください。

  • フォントメタデータ、グリフトレース、その他の詳細を表示します。
  • フォントファイルをオンラインで開きます。
  • フォント名を簡単に変更できます。
  • フォントファイルのプロパティを簡単に編集できます。
  • 機能をソリューションに統合します。

フォントメタデータの表示と編集方法

  • ドキュメントのフォーマットと同じアプリを選択します。
  • ファイルを追加するには、青い領域の任意の場所をクリックするか、[ファイルを参照] ボタンをクリックしてアップロードするか、ドラッグアンドドロップします。URL セルに URL を入力してデータを追加することもできます。
  • 選択をリセットするか、最初からやり直すには、ドラッグアンドドロップ領域の右上隅にある十字をクリックします。
  • [メタデータの表示] ボタンをクリックします。
  • メタデータは自動的にレンダリングされ、すぐに表示されます。ここでは、フォント名、フォントファミリ名、ポストスクリプト名、デザイナー名、ライセンスの説明、バージョン、製造元名などのフォントファイルのプロパティを変更できます。
  • [メタデータを保存] ボタンをクリックします。
  • 結果のダウンロードリンクはすぐに利用可能になります。
  • 最初からやり直すには、[アプリケーションに戻る] ボタンをクリックします。

FAQ

  • フォントのメタデータを管理するにはどうすればよいですか?まず、ファイルの形式を選択します。最終セットに含めるグリフを選択します。[テキストの生成] ボタンをクリックして、結果を取得してダウンロードします。
  • フォントのメタデータは?フォント メタデータは、フォント名、フォント ファミリー名、ライセンス、メーカー名、デザイナー名などのプロパティのセットです。
  • アプリケーションを使用しても安全ですか?もちろん! 結果のダウンロード リンクは、処理後すぐに利用できるようになります。24 時間後に削除され、リンクはその後機能しなくなります。誰もあなたのファイルにアクセスできません。完全に安全です。
  • Linux、Mac OS、または Android で機能を使用できますか?はい、この無料のメタデータ エディターは、Web ブラウザーを備えた任意のオペレーティング システムで使用できます。オンラインで動作し、ソフトウェアのインストールは必要ありません。
  • すばやく簡単に使えるメタデータエディター

    ドキュメントをアップロードすると、アプリは数秒でフォント情報を表示します。
  • どこからでもメタデータを表示

    これは、Windows、Mac、Android、iOSを含むすべてのプラットフォームで動作します。すべてはサーバー上で処理されます。プラグインやソフトウェアのインストールは不要です。
  • ビューア画質

    このアプリはAspose APIを使用して動作します。Aspose APIは、114か国の多くのフォーチュン100企業で使用されています。
© Aspose Pty Ltd 2001-2022. All Rights Reserved.