座標変換は、あるSRS1(空間参照系)から別のsrs(カスタムシステムを含む)に座標を変換し、その結果を世界地図に表示するためのアプリです。
basic features

GIS 座標変換

  • このアプリはすぐに任意のブラウザでいくつかの手順と少しの時間であなたの座標を変換します。 入力/出力座標系は、EPSG code2を使用して選択できます。 私達のEPSGの登録は約10,000の項目を含み、私達は絶えず多くを加えています。
     
how to

座標変換器の使い方:

  • 入力SRSを選択します(デフォルトの形式はWGS843です)。 ドロップダウンリストから一般的な空間参照系を選択するか、カスタムシステムを選択して、機能するEPSGコードを自分で入力します。
     
  • 座標を10進度(DD)4形式で入力します。
     
  • 出力SRSを選択します(デフォルトの形式はUTM вЂ"n31です)。 ドロップダウンリストを使用して一般的なSRSから選択するか、カスタムシステムを選択して機能するEPSGコードを自分で入力することもできます。
  • ①Convert②をクリックすると、座標をすばやく変換できます。
  • 変換プロセスの最後に、選択したSRS内の変換された座標が画面に表示されます。
  • ①マップを開く②(変換終了後に表示されます)をクリックして、変換された座標を世界地図上に視覚化します。
Features of the Aspose.Gis Transformation free app

よくある質問

  1. 座標変換とは何ですか?

    座標変換は、1つの測地基準系を持つ座標系間で変換するためのものです。 変換のタスクには次のものがあります:
    -測地座標と地心座標の間の変換;
    -マップ投影の別のタイプへの変換。
  2. なぜwgs84はほとんどの場合、標準座標系として使用されていますか?

    WGS84は世界的な使用のために意図されています。 GPS(全地球測位システム)、および他の多くのアプリケーションでは、以前の測地基準系の代わりにWGS84の楕円体と測地基準系を使用しています。
  3. UTM-N31とは何ですか?

    UTM(Universal Transverse Mercator)は、WGS84楕円体に基づく座標系です。 UTMシステムは60の地帯、幅の経度の各々の6º°に地球を分ける。 グリッドゾーンUTM31Nから37Nは、ノルウェー王国の南半分を収容するために、部分的には、北半球のための標準ゾーンとは異なります。
  4. 🌐 座標変換にはどのブラウザをお勧めしますか?

    あなたはすでにインストールしています。 これは、任意のデバイス上の任意のブラウザで実行されます。
  5. なぜt私は画面上のマップボタンを見ることができますか?

    これは、変換プロセスを終了した後に表示されます。
バージョン: 23.04.6
(リリースノート)